住信SBIネット銀行の目的別口座がおすすめ!使い方を紹介

家計のこと

銀行にお金を預けている人は多いと思いますが、その中には、生活費と貯金、いつか使う予定のあるお金など、さまざまな用途があるのではないでしょうか?

ごちゃごちゃになっていると、いくら貯金できているのかわからなかったり、使いたい時に思っているよりお金がなかったり、うまく回らないことも。

そんな時に便利なのが、「目的別口座」!

今回は、私がとてもお世話になっている、住信SBIネット銀行の目的別口座について詳しく紹介します!

■この記事でわかること

・住信SBIネット銀行で作れる目的別口座について

・目的別口座の上手な使い方

・目的別口座の作り方

・定額自動振替サービスが便利

目的別口座とは?

目的別口座とは、その名の通り、それぞれの目的に合わせた資産形成ができる口座で、自由に作ることができます。

住信SBIネット銀行では、常に10個まで目的別口座を使うことができ、新規作成は98回までできます。

例えば、教育資金の貯蓄はA銀行、自動車購入費の積み立てはB銀行、普段の生活費はC銀行、というようにそれぞれ新たに口座を開設することなく、住信SBIネット銀行の1つの口座の中で、目的ごとに部屋を分けられるイメージです。

何のお金がいくら貯まったかが明確なのが嬉しいポイント^^目標期間や目標期間を設定することもできます!

目的別口座の使い方

目的別口座を、上手に使う方法を3つお伝えします!

私が便利に使っている3つの方法ですが、目的別口座はそれぞれのライフスタイルに合わせて自由に使えるので、もちろん使い方はこれだけに限りません!

自分らしい使い方を想像しながら、読んでみてくださいね^^

毎月発生しない支払いを積み立てる

私は、以下のような年に1度の支払いや、貯めておくことで安心して使えるお金を積み立てています。

・車検代金
・自動車税や固定資産税など
・旅行費用
・年に1度支払う学資保険

特に、毎年5〜6月は税金関係が一気にやってくるため、目的別口座でその分を1年かけて貯めておくことで、安心して支払うことができますし、貯蓄や生活費を減らさずに払えるのも嬉しいポイントです。

子どもごとの教育資金の貯蓄

将来の子どもの教育資金として、児童手当分を毎月積み立てています!

3人子どもがいますが、それぞれどれだけ貯まっているのかわかりやすいので、1人ずつ目的別口座を分けていますよ。

3人目は、学資保険をかけずに、この積み立てを多めに設定して対応中です^^

生活防衛費の貯蓄

災害や病気、失業など、不測の事態が起こった時に安心して生活するための生活防衛費。

いつでも使えるようにしておくのが良いということで、少しは定期預金などにも入れず目的別口座で貯蓄しています。

使ってはいけないお金だと明確にしておくのが、貯金を成功させるポイントですよね!

住信SBIネット銀行の目的別口座の作り方

SBI証券のアプリを使えば、目的別口座の作成はとても簡単です!

下のメニューの口座情報を選び、目的別口座新規作成を選びます。

あとは、わかりやすいように口座名を入れたり、目標期日などがあれば入力して作成を押すだけ!

内容に合わせて、アイコンなども変えられます^^

定額自動振替サービスが便利!

住信SBIネット銀行の目的別口座は、定額自動振替サービスというものが使えます!

定額自動振替サービスとは

金額とタイミングを設定することで、代表口座から自動的にお金を振替してくれるサービスです。

私は、お給料日のあとぐらいにこれを設定していて、教育資金や税金、車費などそれぞれの目的別口座に、1年分の目標金額を12ヶ月に割り振った金額を毎月自動入金するようにしています!

手を動かさなくても、勝手に積み立てられていくので、忘れることもなくとても安心^^

気づけば使うお金がきちんと割り振られていて、とても気持ちがいいですよ!

目的別口座を使って、賢く貯めよう^^

今回は、私が実際に愛用している、住信SBIネット銀行の目的別口座について紹介しました^^

ぜひ、貯金の仕方に悩んでいるという人は、チェックしてみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました